--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:「街的」ということ

2006年09月18日 19:54

「街的」ということ/かさぶた書店/書評 「街的」ということ-お好み焼き屋は街の学校だ
江 弘毅 (2006/08/18)
講談社

解説を内田樹大先生が書かれているが、さもありなん、内田大先生のご著書とどこか似ている。

京阪神地区を対象とする街の雑誌『ミーツ・リージョナル』の前編集長による「街的」論、といっても何が何だか分からないでしょ。

アンチ「タウン誌」、アンチ「情報誌」、街のことをそう簡単に分かってたまるか、的なことが書いてあります。

街の魅力とかって、感覚的にしか説明しようがないところがあって、それを言葉に置き換えようという難易度の高い試みです。

当方をはじめ、情報誌とか情報サイトとか、そういうデータ垂れ流しメディアに携わっている方。ちょっと足元を見るきっかけになるかもしれません。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/78-3acb3ac9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。