--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:オタク・イン・USA

2006年09月06日 01:01

オタク・イン・USA/かさぶた書店/書評 オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
パトリック・マシアス (2006/08/09)
太田出版

引き続き、町山智浩関係。これは「編・訳」ですが。
なんと言ったらいいんでしょう?
アメリカのオタク史&オタク事情なわけですが、まあ、勝手に作り変えたり、誤訳のオンパレードで、当初はひどかったらしいですな。
そのへんはオタクに限らず、どこの国も一緒なんだろうけど。

で、アメリカのオタクっちゅうのはどうなんですかね?
日本のおたくに言わせれば。
まだまだなのか、それとも結構イケてるのか。
私レベルでは、この本を読んでもそこまでは分かりません。
だれか教えてください。

で、どうなんですかね、アメリカ人っちゅうのは?
日本人よりアホなんですかね、やっぱ。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/74-1ce23557
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。