--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:同日同刻

2006年08月16日 18:29

同日同刻/かさぶた書店/書評 同日同刻―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日
山田 風太郎 (2006/08)
筑摩書房

言わずもがな、と思うが、季節に応じた読書をしているわけではない。

当方、歴史小説を読まない症候群であるがゆえ、「くノ一」とかも読んでいないのだけれど、なぜか山田風太郎、好き好き、なのである。

では、山田風太郎のいったい何を読むかと問われたら、これとか日記とかエッセーでござる、と言っておることよ。

だってすごいんだもーん。

いろんな記録を収集し、まとめているわけだから、いわば編集でもあるんだけれど、その手さばきは実に見事。「説教くささ」の微塵もない。

この商品の詳細を見る


コメント

  1. たもと | URL | -

    始めまして

    確かに説教くささがないところがいいですね。

    山田風太朗氏の本は、私も日記を一冊読んだことがあるのですが、そのときはいまいちわからなかったのです。また、荒唐無稽といわれている忍者小説も一冊トライしたのですがあまりのシモネタに退散しました。

  2. tenshu | URL | -

    ようこそ

    >たもとさん
    ようこそ&コメント、ありがとうございます。かさぶた書店・店主です。
    『あと千回の晩飯』や『死言状』もいいですよ。文庫出てますし。
    ぜひまたお出でください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/68-6d10266f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。