--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:志ん生芸談

2006年07月17日 01:55

志ん生芸談/かさぶた書店/目指せ書評10,000冊! 志ん生芸談
古今亭 志ん生 (2006/07/14)
河出書房新社

「正しいこと」は何通りもあって、そのたび「正しいこと」は変わる。
同じエピソードが何度も出てきて、その都度ディテールが異なる。

あるのは「肯定」のみ。
志ん生は、志ん生だ、ということに尽きる。

対談がいくつか収められているが、いただけない聞き手が何人かいて、自分はこうはなりたくないと強く心に誓う。

ちなみに、志ん生関係の本なら、ほかにいいものがたくさんあるので、余程好きな人以外は買わない方がいい。

そう断っておきながら、結局は「余程好きな人が多い」から、と妙に納得する落ち。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/56-e5718a71
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。