--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:進歩とカタストロフィ

2006年07月15日 19:17

進歩とカタストロフィ/かさぶた書店/目指せ書評10,000冊! 進歩とカタストロフィ―モダニズム 夢の百年
多木 浩二 (2005/04)
青土社

最近、電車で座れると、その涼しさ&背もたれの温かさで一瞬にして寝てしまう。
従って、一向に本が読み進まない。
由々しき問題である。

そういった苦難を乗り越え、この建築および建築家についての評論集を読了。
リンゴット(フィアットの工場)とジオデジック・ドームの写真に圧倒される。
これら偉大な建築物について知り得たことだけでも価値あり。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/55-baee8521
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。