--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:夜のミッキー・マウス

2006年06月29日 10:59

夜のミッキー・マウス/かさぶた書店/目指せ書評10,000冊! 夜のミッキー・マウス
谷川 俊太郎 (2006/06)
新潮社

谷川俊太郎は近くて遠い存在だった。
中学だか高校だかのころ、手元には「谷川俊太郎詩集」や「二十億光年の孤独」があって、パラパラめくってはいたものの、どうもしっくりこなかった。
当時は「直として前橋の町に通ずるならん」や、ジョバンニやらカンパネルラに夢中だったし。

で、この詩集だが、年は取るものである。
通勤途中、一篇読んでは何かを思い出し、通り過ぎる言葉の中から、甘いもの苦いもの、いろんなものが呼び覚まされた。
そのとき、電車の中はもう電車の中ではなく、脳内にあるどこかの宇宙になった。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/52-92d535af
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。