--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:落語を聴かなくても人生は生きられる

2012年06月25日 10:52

落語を聴かなくても人生は生きられる/書評・本/かさぶた書店落語を聴かなくても人生は生きられる (ちくま文庫 ま 44-1)
(2012/06/06)
松本 尚久 編

いわゆる落語評論家以外が書いた落語に関する文章を編者がまとめたもの。志ん朝の死に際しての有名な小林信彦の短文から、一般の落語ファンとおぼしき、ハンドルネイムのブログ、ツイッター、mixiまである。

志ん朝、枝雀、小三治、談志といった、リアルタイムの人たちの話がやはりね。

読んでみて、なぜか自分の現在とこれからについて考えた。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/516-38076f4d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。