--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:ふしぎなキリスト教

2011年09月06日 13:08

ふしぎなキリスト教/書評・本/かさぶた書店ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)
(2011/05/18)
橋爪 大三郎×大澤 真幸

聖書が分からんと欧米の海外文学をきちん理解できないなどといわれても、聖書はおろか、キリスト教への理解が進むことはついぞなかったわけです。

そういう者からすると、これ、すごい読みやすくてなんか分かった気になるね。ツァラトゥストラって人もおもろいけど、イエスさんもごっつおもろいという。で結局、日本は、日本人は遠くにいるなーみたいな、そういうこと?

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/491-f19b697e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。