--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:キュレーションの時代

2011年02月22日 21:31

キュレーションの時代/書評・本/かさぶた書店キュレーションの時代 (ちくま新書)
(2011/02/09)
佐々木 俊尚

全体感としては分かるんだけど、個別に見ていくと「本当かよ?」な部分も多い。
キュレーションとか言っちゃうのって、どうなの? なかなか恥ずかしくて使えない言葉だと思うが。
それでもってチェックインがカギとかって話だけど、単にそれが主体的な行為であるだけじゃないか、という気がする。

では、どうだったら腑に落ちるのか考えてみるが、今のところ、これといった答えは見つからない。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/457-568a939e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。