--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:in our time

2010年10月04日 12:53

in our time/書評・本/かさぶた書店in our time
(2010/05/20)
アーネスト・ヘミングウェイ

店主のなじんでいた『われらの時代』は、福武文庫、宮本陽吉訳である。
で、この柴田元幸訳『in our time』は1924年版、いわゆる『われらの時代』の短編小説の間に挟まれた超ショートだけで編んだもので、こちらが先に出版されたという。

で読んでみて、あらためてスゲーな、って感じ。
現象としては、戦争や闘牛などの断面が、ぼそっとそのまま提示されているだけなのに、以後の広大なヘミングウェイの世界が一瞬にして広がっていく。

こういうことが起きるんだ、と。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/439-36d488c5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。