--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:プーチンと甦るロシア

2010年01月13日 12:59

プーチンと甦るロシア/書評・本/かさぶた書店プーチンと甦るロシア
(2009/08)
ミヒャエル シュテュルマー

プーチンは柔道が好きらしい、というとこから、この本にたどり着くのもどうかと思う。が、結論としてはそうだ。

それにしても、柔道が好き、とは、実に好印象。そうこうしてるうちに、プーチンがカッコよく見えてきたりして、おいおい。

以上はどうでもよくて、なんとも悩ましいロシアの心持ちと立ち位置が分かる本。佐藤優いわく「本書を読めば、ロシア人の琴線と逆鱗がどこにあるかがよくわかる」。確かにそんな感じ。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/374-aeb9fa3c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。