--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:インパラの朝

2009年11月24日 10:29

インパラの朝/書評・本/かさぶた書店インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日
(2009/11/13)
中村 安希

第7回開高健ノンフィクション賞受賞作、だそうです。
基本的にこういう触れ込み自体好きじゃないんですが、店頭で本そのものが「買え、買え」と訴えておったので買いました。

帯の裏で、重松清だかが「女の啖呵がいい」みたいなこと書いてて、確かにええな、と。
場所的に言うと、中東~アフリカが特にいいです。

ゴールは『深夜特急』と同じポルトガル。
これはオマージュというか、まあそういうことなんでしょう。
それに、最後ポルトガルだと決まるわな。

商品詳細を見る


コメント

  1. sora | URL | nOJiXcNY

    はじめまして。
    先日、私もこの本を読みました。
    深夜特急と思いっきり重なりますね。「肩書きさえ、なければ・・」というのは私も同じでした。この手の本が少なくなりましたからね。

    ポルトガルで決まりましたが、唐突感は否めないですね。
    オマージュという表現が正しいかと。

    では。失礼いたしました。

  2. tenshu | URL | -

    Re: タイトルなし

    > soraさん

    こちらこそ、はじめまして。かさぶた店主です。
    関係ないけど、ポルトガルはスペインに負けましたね。
    ぜひまたお立ち寄りください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/362-198c87d9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。