--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:本は読めないものだから心配するな

2009年11月06日 14:46

本は読めないものだから心配するな/書評・本/かさぶた書店本は読めないものだから心配するな
(2009/10/20)
管 啓次郎

個人的には『ホノルル、ブラジル』より全然こっちの方がよかった。

どういうわけか、ヘルツォークの『氷上旅日記』はこの人が訳したとばかり思っていたが、全然違った。
(『氷上旅日記』は藤川芳朗訳です)

それにしても、本について書かれたものに引かれる傾向が強い。
書店店主だけに、致し方ないところか。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/356-ac4180bb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。