--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:ニッポンの思想

2009年07月22日 21:38

ニッポンの思想/書評・本/かさぶた書店ニッポンの思想 (講談社現代新書 2009)
(2009/07/17)
佐々木敦

すらすらと読めて、意外なほど(と言っては悪いが)よろしいかと。
だからなのか逆に、読後は、日本の現代思想って何やってんやろ感にも見舞われる。
まあ、お気楽な部外者ゆえのクヌルプかな。

親近感ということでは、やっぱ80年代&柄谷なんだわ。
90年代は接点なかったし、じじいなんで。
がしかし、東浩紀本も持っていたりする。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/329-b1328457
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。