--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:庄内パラディーゾ アル・ケッチァーノと美味なる男たち

2009年05月12日 00:31

庄内パラディーゾ/書評・本/かさぶた書店庄内パラディーゾ アル・ケッチァーノと美味なる男たち
(2009/04)
一志 治夫

今春、銀座に「おいしい山形プラザ」という山形県のアンテナショップができたが、この本を読むまで、ショップ内にあるレストラン「ヤマガタ サンダンデロ」が奥田政行シェフの店とは知らなんだ。

奥田政行シェフとは、まさにこの本の主人公であります。

非常に面白く読んだんですけど、それよりも何よりも、こんなに頑張っていいの? っていうくらい頑張るんですね、このシェフが。素直に感心します。
そして、勇気付けられます。

清志郎のこともあり、「夢」ということについて、ちょっと考えてしまいそうです。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/312-a933b16a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。