--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:しのびよる破局

2009年04月16日 20:07

しのびよる破局/書評・本/かさぶた書店しのびよる破局-生体の悲鳴が聞こえるか
(2009/04)
辺見 庸

いやはや、実に痛い。
ある意味、気持ち悪いほど痛い本である。

面白さや興味深さとは別問題として、あまりそれについて語りたくない本というのがある。
これはそういう本である、店主にとって。

いったい全体、次はどうなる? 辺見庸!

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/308-5a71c0f7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。