--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:場所はいつも旅先だった

2009年03月23日 10:19

場所はいつも旅先だった/書評・本/かさぶた書店場所はいつも旅先だった (P-Vine Books)
(2009/03/20)
松浦弥太郎

くちぶえなんとかというのは、あまり好きじゃなかったが、これはなかなかよかった。
ただ宣伝文句に「珠玉の一冊」とか、死んでも使わないでもらいたい。
著者の姿勢と反する気がするが、違うか?
大体、校正ミスが5カ所も6カ所もあって、何が「珠玉の一冊」じゃ。
残念なことである。

『原子心母』みたいなジャケ写と装丁はとても好き(フォローになってない?)。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/304-0cee0aca
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。