--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:考える人

2009年03月07日 12:10

考える人/書評・本/かさぶた書店考える人 (新潮文庫)
(2009/01/28)
坪内 祐三

あまり好きじゃないんです、坪内祐三。
まだ山形浩生の方がいいかも、って何の比較か分からないけど。

でもたまに買って読むと、意外に面白かったりして。
これもそのパターンでした。
まあ、これだけ人が出てくれば、中には好きな人もいるわけで。
ひょっとしてそれが印象に残ったから、かもしれんが。

して、取り上げられている中で好きなのは、
武田百合子、長谷川四郎、吉田健一、色川武大、須賀敦子
ってとこ。

吉田健一を好きになったのは、故佐藤栄太郎さんとソフィアと熊さんのおかげ。
何のことか分からないでしょ、あはは。

も一つ。読まず嫌いってのはありますね、確かに。
でも無理して読んでもね。
タイミングっていうのが、一番大事かも、やっぱり。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/301-d3c68199
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。