--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:おひとりホテルの愉しみ

2009年02月24日 17:57

おひとりホテルの愉しみ/書評・本/かさぶた書店おひとりホテルの愉しみ (光文社新書)
(2009/02/17)
富田昭次

ああ、お久しぶりです、富田さん。
って会ってるわけじゃないんです、読みましたということなんです。

どうも私はホテルと完全に切れたわけではないんですけど、割と縁遠い感じでありまして、そのせいもあって非常に勉強になりました。

ただ困ったのは、いろいろ新しいホテルの知識は増えたのに、肝心のホテル名が昔のようにすらすらとは覚えられないことです。やはり“じじい化”したのでしょうか?

それはともかく。
ああ、たまには泊まりたい…読んで率直にそう思いました。
ではまた。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/298-9bf141a6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。