--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:スティーブ・ジョブズ 神の交渉力

2008年12月16日 21:29

スティーブ・ジョブズ 神の交渉力/書評・本/かさぶた書店スティーブ・ジョブズ 神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)
(2008/05)
竹内 一正

ジョブズってーのは、ひでーな。
だが、ある意味ひど過ぎるぐらいじゃないとああはなれない、というのも納得ですな。
とにかく契約もへったくれもないんだそうです。
こういう異様に押しの強い人は、だれもが嫌がるでしょう。
ただ味方だったら、こんなに心強いものはありませんね。

ところでこの本、2007年刊『スティーブ・ジョブズ 神の交渉術』の改題改訂だそう。
ですが、ほんまに改訂しとるんかいな、校正ミスがドカーンですわ。
「いつくも」って、「いくつも」でしょ! みたいな。
ここにきて、誤本大賞の有力候補、登場です。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/278-00c6df66
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。