--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:愛と痛み 死刑をめぐって

2008年12月08日 12:51

愛と痛み 死刑をめぐって/書評・本/かさぶた書店愛と痛み 死刑をめぐって
(2008/11/29)
辺見 庸

憲法9条は死刑をも否定する、というのは「なるほど」と思った。
日本に公共はない、世間があるのみ…これも「そうなのね」と。
ああ、世間とは恐ろしい、でも俺もお前も世間だろっ→ああ、ここで固まってしまう。

ところで9条を目にするたびに、現実とのあまりの乖離に愕然とする。
そしてまた固まってしまう

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/275-99898ea6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。