--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:「後期高齢者」の生活と意見

2008年12月08日 12:48

「後期高齢者」の生活と意見/書評・本/かさぶた書店「後期高齢者」の生活と意見 (文春文庫)
(2008/12/04)
小林 信彦

国保の惨状が身に染みて分かります。
「後期高齢者」は年金から保険料天引きとは...。
この国と官僚と政治家は、ガラガラポンするしかありません。

ところで、学校を一年近くずっと休んでいる教師がおるそうです。
んでもって、なぜかこの教師、出てこないのにまたしても担任を持つのであります。
結局のところ、代わりは給料の安い代替教員が務めます。
木っ端役人は、意地でも辞めないのであります。
石にかじりついてでも、務めている形を維持するのであります。
そして、絶対に退職金を分捕るのであります。

派遣できるものなら、「死ね死ね団」を派遣したい。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/274-2462aede
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。