--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:ゼロ年代の想像力

2008年07月30日 16:50

ゼロ年代の想像力/書評・本/かさぶた書店ゼロ年代の想像力
(2008/07/24)
宇野常寛

出てくるドラマも小説もアニメもゲームも、ほぼ100%未経験。
なのに読めてしまうのは、面白いということなのか?

作品に潜在しているものを読み取り、論理的に意味付けていくことが批評なのか?

知らないうちにそうなっていたのか、それとも確信犯か?

いろいろと?が多い。
それにしても後半が冗長だと思う。
半分にすれば、非常にクリアになったのではないか?

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/247-a7f7b267
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。