--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:異郷日記

2008年07月14日 12:09

異郷日記/書評・本/かさぶた書店異郷日記
(2008/04/24)
西江 雅之

クレオールです。
エッジの効いた所へ行かれてます。
この本、琴線に触れる人は、店主の同志と思われます。

基本的にジワジワ来ます。
が、即効性の高いものもあります。
具体的に言うと、著者が幻視を始める類のものです。
現地で、かつてその土地を訪れた人間を幻視するのであります。
ああ、たまりません。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/240-5bce9c7e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。