--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:エピソードで読む西洋哲学史

2006年04月29日 18:19

エピソードで読む西洋哲学史/かさぶた書店/書評
エピソードで読む西洋哲学史
堀川 哲 (2006/04)
PHP研究所

「サルでもわかる・・・」などと言うが、この本こそ、分かりやすさの権化です。カントやヘーゲルがそんなに簡単でいいの? って感じ。

が、思想そのものよりも、やはり哲人の変人性の方が面白い。
これぞ真理、と私は言いたい。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/24-c546dae1
    この記事へのトラックバック

    神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる

    総論から各論に移った、という印象をもちました。第一巻では神と人間・個人の関係についての対話でしたが、第二巻は、神と人類との関係について対話がなされています。おこがましいかもしれませんが、違和感、突出感というものは感じませんでした。キリスト教の教義を理解...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。