--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:この落語家を聴け!

2008年07月02日 20:11

この落語家を聴け!/書評・本/かさぶた書店この落語家を聴け! いま、観ておきたい噺家51人
(2008/06/26)
広瀬 和生

相変わらず、落語本が引きも切らずの状況だが、いま落語は本当に熱いのか?
当然、熱くない噺家もいるわけで、そこんとこどうなの?
おいおい、落語ブームは続いてるの? と。

で、この本読んで気が付いた。
どうも熱いのは落語じゃなくて、落語について語りたがって(語って)るやつじゃん。
噺家・評論家・ファンの区別はない。
落語について語りたがってるやつは、場合によっては暑苦しくさえある。
それはきっと愛あればこそ、なのだろうが…。

著者はヘヴィメタ誌の編集長だそうです。
そういうわけでもあって、熱い本です。
小三治と喜多八に対しては、店主も熱いものがあります。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/238-6e612c8e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。