--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:地球を抱いて眠る

2008年06月16日 20:06

地球を抱いて眠る/書評・本/かさぶた書店地球を抱いて眠る (小学館文庫 こ 13-2)
(2008/06/06)
駒沢 敏器

管啓次郎、港千尋。古くは西江雅之、今福龍太。かつての沢木耕太郎もかな。
人類学系統というか旅行記系統というか、若干サブカル入ってますみたいな。
基本的にそういうもんは好きでして、この人も翻訳家かと思ってたら、どうもそういう。

タイミングとか肌触りとか自分のコンディションとか、いろいろあると思うけれど、なかなかでした。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/235-9fa304f4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。