--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:魂のゆくえ

2008年06月10日 19:04

魂のゆくえ/書評・本/かさぶた書店魂(ソウル)のゆくえ
(2008/04/12)
ピーター・バラカン

もともと新潮文庫から出ていたそうで。その改訂増補新版です。
ピーター・バラカン推奨盤というのは、昔、結構ハマったものもありました。
ジョン・ハイアットの『ブリング・ザ・ファミリー』とか、ロバート・クレイの『ストロング・パースウェイダー』とか。

で読後、取りあえず、サム・クックが聴きとうなりました。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/234-6e608e4f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。