--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:キャラクターズ

2008年06月09日 12:35

キャラクターズ/書評・本/かさぶた書店キャラクターズ
(2008/05)
東 浩紀 桜坂 洋

「批評」の「キャラクター小説」化、ということらしい。
面白いのか面白くないのか? なんとなくスイスイ読めたから面白いのかもしれない。

筒井康隆とか舞城王太郎とか、名前が挙がっている作家の小説を感じさせるところは多分にあって、けれども多分にあったからどうなの? というと、どうということもない。

突然だが、「夢」はポイントなのかもしれない。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/233-0e95223b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。