--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:シネマ・ハント

2008年01月15日 18:51

シネマ・ハント/書評・本/かさぶた書店シネマ・ハント (Eブックス・映画)
(2007/12/21)
柳下 毅一郎

かさぶた書店店主ほど映画を観ないやつもおらぬ。
この台詞、相当あちこちで書いたのー。
よって、新しい表現を。
かさぶた書店店主は、映画を観るより映画本読む方が多い。
まさに本末転倒。

んなわけでこの本ですが、『エスクァイア』の連載をまとめたものだそうです。
ここ10年の101本をぶった斬っておられます。
1本分の長さが実に適切です。

それはそれとして、読むより観ろよ!
確かにそうかもしれません。
でも映画本なら何でも読んでいるわけじゃないしー。
じゃあ、どういう映画本なら読むんじゃ?
読むことで、なんらかの判断基準みたいなのが浮かび上がってきて、それに納得できること。
結果的に考えると、それが条件かもしれませぬ。
もち、この本は○であります。

何を書いているのか、甚だ危ういですな。

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/205-48224337
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。