--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:博士の本棚

2007年10月09日 15:25

博士の本棚/書評・本/かさぶた書店博士の本棚
(2007/07)
小川 洋子

またしても書評集である。以前、『深き心の底より』を取り上げたが、あのときよりも全然腕を上げている、って芥川賞作家に対して言う台詞かよ。
犬話が痛いです。

商品詳細を見る


コメント

  1. タウム | URL | -

    TBさせていただきました。

    どれもすばらしいエッセイばかりでしたが、中でも犬のエッセイが読んでいて、心地よくなってきてすばらしかったです。

  2. tenshu | URL | -

    ありがとうございます

    > タウムさん
    そうなんです、犬ですね。
    トラバ返しいたします。

  3. 藍色 | URL | -

    はじめまして。
    トラックバックさせていただきました。
    本のこと、日常のこと、幅広く書かれたエッセイでしたね。

    トラックバックやコメントなどいただけたらうれしいです。

  4. tenshu | URL | -

    > 藍色さん
    ありがとうございます
    取り急ぎ、トラバ返しいたします

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/181-0e79f0c5
この記事へのトラックバック

博士の本棚 小川洋子

装画は戸田ノブコ。装幀は新潮社装幀室。 目次:1図書室の本棚―子供の本と外国文学/2博士の本棚―数式と数学の魅力/3ちょっと散歩へ―犬と野球と古い家/4書斎の本棚―物語と小説 大好きな本の数々を紹介しながら、日常生活の中




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。