--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:溶ける街 透ける路

2007年06月04日 11:03

溶ける街 透ける路/書評・本/かさぶた書店 溶ける街 透ける路
多和田 葉子 (2007/05)
日本経済新聞出版社

小学校のころから社会科が好きだった。
が、要は地図を見るのが好きなだけで、変てこな地名を見つけては喜んでいた。
よって紀行物で、タイトルに地名がずらっと並んでいたりすると抵抗できない。
この本がまさにそう。

ものすごいことが書いてあるわけでなく、著者にとって旅は日常で、憎い憎い。
いろんな所でいろんな人と話して、いいないいな。
どうも小児化してしまう。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/151-920c2e78
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。