--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:演劇のことば

2007年04月25日 13:04

演劇のことば/書評・本/かさぶた書店 演劇のことば
平田 オリザ (2004/11)
岩波書店

講談社の新書で「平田オリザ、結構面白い」と思って、それ以来、割と読んでいる。
で、この本はこれまでになく苦しさがビシビシ伝わってくる。

日本近代演劇史というもの自体、相当に苦しい。
知らないまま済ませたいぐらいだ。
当然、それを書くのも苦しいと思う。
よって楽しめない。だが、本は楽しむためだけにあるのではない。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/139-9d0da531
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。