--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:ヒデキ君に教わったこと

2007年03月19日 16:28

ヒデキ君に教わったこと/書評・本/かさぶた書店 野球で学んだこと ヒデキ君に教わったこと
伊集院 静 (2007/03/15)
講談社

店主とて小学校のころは野球ばかりやっておった。
だが、9対9のちゃんとしたやつとはおよそ縁がなく、基本と呼ばれるキャッチボールも全然やっとらん。
毎日、永田くんと二人だけでやっておった。バッターとピッチャー、ビニールボールとプラスチックバット、それだけ。
そういえば、夏休みは親戚のひろしくんとやっておった。

今はもうやらんが、その後もなぜか10年に一度ぐらい野球をする機会があった。
浪人時代だと思うが、高校の同級生と集まったとき、突然野球をやることになって、四ツ木の荒川べりで一度。
初めて入った会社の先輩たちと、昼休み、豊海水産埠頭の原っぱで。
楽しかったが、やはり長続きはせんな。

それと、話はずれるが『シューレス・ジョー』は素晴らしかった。お手上げだ、降参。

で、観るのもやるのも間違いなくサッカーの方が面白い、と断言したい。
だけど、野球にもよく分からんが、魔力があるようだ。
なんといっても野茂だ。堪らない、観ているだけで幸せになれる。
そして今、一人だけ挙げるなら松井だろう。

ちなみに伊集院静の野球小説も好きだ。
ということで、二人がそろった本を読まぬわけがなく、読んであらためて松井を応援したくなったのさ。

この商品の詳細を見る


コメント

  1. マツモト | URL | soYIjzZQ

    10年に一度なら、そろそろやるか。

  2. tenshu | URL | -

    えっ、マジで。
    ボロボロになるんとちゃう?

  3. マツモト | URL | soYIjzZQ

    ボロボロになって一から出直しだ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/124-5a643f7d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。