--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:CGMマーケティング

2007年01月08日 00:56

CGMマーケティング/書評・本/かさぶた書店 CGMマーケティング―Web2.0時代のクチコミの力
加藤 智明、中谷 有紀 他 (2006/12)
毎日コミュニケーションズ

さらさらっと読めばいい本ですが、書き手は非常に生真面目です。
日々、いろんな場面で苦労してるんだろうな、と。
余計なお世話でしょうが・・・。

CGM、Web2.0の動向など、整理されていて便利です。

この商品の詳細を見る


コメント

  1. 古本屋店主 | URL | -

    かさぶた書店はスゴイ

    非常に学識高い書評で購入の際、参考にさせていただいてます。口コミ、コミュニティ、共同体向けバズマ-ケティングは脚光をあびていますが、非常に軽薄なものが多いですね。その点、タイトルと表現はえげつないのですが、客が客を呼ぶ集団感染のスゴイ仕掛けは非常に深い心理学、社会学、群集心理、哲学等を背景にかかれていました。深読みすれば、荘子やニーチェ的でもありました。あえて茶化してばかばかしく書かれてあるので、普通の人には 単にマーケティング手法としか理解できないかもしれません ご店主様にはわかっていただけるかと思い投稿いたしました。

  2. tenshu | URL | -

    なんとまあ、恐れ多くも・・・。
    仰るとおりで、広告やマーケティングは非常にリスキーですね。
    だから、それを語る人は生真面目にならざるを得ないのかもしれません。
    ぜひ、またのお越しを。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/105-5336c29e
この記事へのトラックバック

CGMマーケティング

CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする技術伊地知 晋一 (2006/12/16)ソフトバンククリエイティブこの間、同名異本を読んだばかりだが、読後の印象は前のやつとはかなり違う。前のは企業がCGMを使ってどうマ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。