--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:迷いと決断

2006年12月31日 14:03

迷いと決断/書評・本/かさぶた書店 迷いと決断
出井 伸之 (2006/12/14)
新潮社

最初に『ONとOFF』という本、処女作なのかな、が出て、面白くなかった。
なーんだ、と思っているうちに、『非連続の時代』が出て、これはよかった。
そのうち退任して、この本です。

タイトルに「迷い」と付けてるけど、この人は迷ってませんね。むしろ「逡巡」して打つ手が遅れたことを「迷い」があったからだと振り返っている。そんな気がします。

この商品の詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kasabuta65.blog54.fc2.com/tb.php/100-d056af7e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。