--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:中世的世界とは何だろうか

2014年09月29日 10:47

中世的世界とは何だろうか/書評・本/かさぶた書店中世的世界とは何だろうか (朝日文庫)
(2014/09/05)
網野善彦

一遍、後醍醐、楠木正成という流れがどうも近しいというか、不穏というか。
いずれにしても中世は興味が尽きない。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:一遍と時衆の謎

2014年09月29日 10:45

一遍と時衆の謎/書評・本/かさぶた書店一遍と時衆の謎 (平凡社新書)
(2014/09/12)
桜井 哲夫

そもそも踊念仏、聖絵というのがラディカルで若いころから親近感があった。念仏札を配りまくるというのも恐るべし。阿弥号を持つ芸能者たちも気になる。

本当か?

商品詳細を見る

書評:私が選んだ プロ野球10大「名プレー」

2014年09月08日 16:38

私が選んだ プロ野球10大「名プレー」/書評・本/かさぶた書店私が選んだ プロ野球10大「名プレー」 (青春新書インテリジェンス)
(2014/09/02)
野村克也

「江夏の21球」というのは、9回に投げた全投球数だったのね。知らんかったの、おれだけ?
なんかたまに読みたくなるよね、ノムさんの本。枯れれば枯れるほど客観視されて良くなる気がする。

商品詳細を見る

書評:永続敗戦論

2014年09月08日 16:36

永続敗戦論/書評・本/かさぶた書店永続敗戦論
(2013/03/08)
白井 聡

「永続敗戦」とは、米国以外への「敗戦の否認」を意味する、と言っちょるね。
米国には盲従、それ以外には健忘症。
面と向かっては言わないけど、酒飲むと強気になって同じ日本人に反米をぶつおじさんもいるけどね。

で、どうしたらいいんでしょう? ほとほと困る。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。