--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:きまぐれ歴史散歩

2013年09月24日 16:31

きまぐれ歴史散歩/書評・本/かさぶた書店きまぐれ歴史散歩 (中公新書 2234)
(2013/09/21)
池内 紀

池内氏の中公新書の旅ものエッセーは好きなので出ると買う。これは歴史的な場所を巡るということで、どうも普段より重たい。いいのか悪いのか仕方ないのか。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:私の教え子ベストナイン

2013年09月24日 16:21

私の教え子ベストナイン/書評・本/かさぶた書店私の教え子ベストナイン (光文社新書)
(2013/09/18)
野村 克也

宮本、土橋はまさしくそうねそうね。稲葉、飯田もそうね。伊藤智、確かにすごかったね・・・という感じで楽しめます。南海時代はうろ覚えだったんで、いろいろ確認できます。

商品詳細を見る

書評:データサイエンティスト

2013年09月24日 16:19

データサイエンティスト/書評・本/かさぶた書店データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 (ソフトバンク新書)
(2013/08/19)
橋本 大也

本書で著者は、データサイエンティストの能力を「統計とITの能力」「ビジネスの問題を発見し解決する能力」「創造的な提案を行う能力」の三つと定義している。ほぼ大多数にとって、二つ目からもう怪しい、というのが現実ではないかのー。

商品詳細を見る

書評:落語名人芸 「ネタ」 の裏側

2013年09月24日 16:15

落語名人芸 「ネタ」 の裏側/書評・本/かさぶた書店落語名人芸 「ネタ」 の裏側 秘蔵資料 三越落語会 十一名人の「感どころ」
(2013/08/23)
立川 志らく

落語黄金期といわれた時代の、三越落語会の演目を、当の落語家本人が直筆で書き残した「感どころ」が、三越の倉庫から見つかった。いわば歴史的資料だが、それをもとに志らくが語り起こした本です。人となりが出るもんですね。それだけでも価値あるかと。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。