--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:ホテル博物誌

2012年07月17日 09:21

ホテル博物誌/書評・本/かさぶた書店ホテル博物誌
(2012/04/25)
富田 昭次

ホテルと文学、映画、食、音楽。要するにホテルと文化。富田さんのコレクションである貴重な図版満載で、これまた富田さんらしく実に丁寧に書かれている。

そして読後に感じたことは、年老いたらホテルに住みたいということ。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:政治の修羅場

2012年07月17日 09:19

政治の修羅場/書評・本/かさぶた書店政治の修羅場 (文春新書)
(2012/06/20)
鈴木 宗男

宗男は大変記憶力がよろしいということを痛感する本。

エピソードが実に新鮮というか、昨日のことのように書かれている。褒められる者はうれしいが、酷評される者はたまらない。前者は中川一郎、田中角栄、金丸信、小沢一郎。後者は小泉純一郎、田中真紀子。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。