--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:情報の呼吸法

2012年02月14日 12:40

情報の呼吸法/書評・本/かさぶた書店情報の呼吸法 (アイデアインク)
(2012/01/10)
津田 大介

よく考えてみると、実に当たり前のことが書いてある本。
しかし、当たり前のことを自信を持って正しいといわれると、それは大変な価値であるなと、あらためて思うのであった。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:外務省に告ぐ

2012年02月02日 12:56

外務省に告ぐ/書評・本/かさぶた書店外務省に告ぐ
(2011/10)
佐藤 優

佐藤優の本は、結果的になんでも買うということはなくなり、選別している。
何をもって選別しているかというと、勘なんだろうけど、あの大傑作『国家の罠』の版元・新潮社から出ていると、他の出版社のものより当たりが多い気がしている。

この本は、“『新潮45』好評連載、待望の単行本化”ということで、面白く読んだ。
特に何本か入っている対談がストレートでよろしいかと。

商品詳細を見る

書評:瓦礫の中から言葉を わたしの<死者>へ

2012年02月02日 12:55

瓦礫の中から言葉を わたしの<死者>へ/書評・本/かさぶた書店瓦礫の中から言葉を わたしの<死者>へ (NHK出版新書 363)
(2012/01/06)
辺見 庸

3.11本がどぅわんどぅわん出ているが、やはりこの人のも来ました。
で、最近の辺見庸としては非常に分かりやすい。どろどろした感じは変わらないが。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。