--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ

2011年08月30日 11:27

おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ/書評・本/かさぶた書店おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ
(2011/07/21)
正垣泰彦

続いて正垣会長の『日経レストラン』での連載をまとめた初の単著。コンセプトが飲食業に携わる人向けなので、脱線はなく、静かに論理的に展開される。

そういう意味でいい本なのだが、本人の語りの面白さを期待されても困る。ああ、正垣会長の自伝とか評伝が出ないかな、つーか書きたいなぁ。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:サイゼリヤ革命

2011年08月30日 11:25

サイゼリヤ革命/書評・本/かさぶた書店サイゼリヤ革命
(2011/08/27)
山口芳生

かつては正垣社長、今は正垣会長だが、これまでインタビューして面白かった人第1位である。あんまり面白いんで、なんやかや理由つけて埼玉は吉川の本社まで何度も通った。

『サイゼリヤ革命』とは、かつて『月刊食堂』に掲載された伝説の連載と同じタイトル。とにかくこの連載にはぶっ飛んだ。ただ本書は連載とは別物で、その連載の編集者だったという著者がまとめたサイゼリヤ本。当然、正垣会長の話には及ばないが、十分興味深く読めるし、サイゼリヤのやり方・方法論について頭が整理できる。

商品詳細を見る

書評:マイルス・オン・マイルス

2011年08月30日 11:23

マイルス・オン・マイルス/書評・本/かさぶた書店マイルス・オン・マイルス~マイルス・デイヴィス インタヴュー選集
(2011/08/05)
ポール・メイハー&マイケル・ドーア

マイルスのインタビュー集。読んでいると、スタンスと語り口が伝染る、というか伝染った気になる。

当然マイルスが聴きたくなり、結局、『BITCHES BREW』と『Get Up With It』を通しで聴いた。

商品詳細を見る

書評:落語進化論

2011年08月18日 09:02

落語進化論/書評・本/かさぶた書店落語進化論 (新潮選書)
(2011/06)
立川 志らく

なにが驚いたって、『全身落語家読本』からもう10年というのが一番驚いた。
で、相変わらず師匠と同じで理屈っぽいです。が、そういうのもいいと思います。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。