--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:オーケストラ大国アメリカ

2011年04月28日 19:55

オーケストラ大国アメリカ/書評・本/かさぶた書店オーケストラ大国アメリカ (集英社新書)
(2011/04/15)
山田 真一

ふーん、アメリカのオーケストラってそうなんだ・・・ということでなかなか勉強になりました。それともクラシックについて無知だったのか。

で取りあえず、ショルティとセルが聴きたいかも。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:マイルス・デイヴィス『アガルタ』『パンゲア』の真実

2011年04月01日 22:40

マイルス・デイヴィス『アガルタ』『パンゲア』の真実/書評・本/かさぶた書店マイルス・デイヴィス『アガルタ』『パンゲア』の真実
(2011/03/23)
中山 康樹

久々にハードカバーの、中山康樹のマイルスもの。さすがに力の入り方が違うような気がします。新書のシリーズは若干ムラがあった感じもしたし。

『アガルタ』『パンゲア』って初めて聴いたときは「なんじゃこりゃ」だったよな。いま聴くと違うんだろうな・・・と思わせる本です、はい。

商品詳細を見る

書評:逆行

2011年04月01日 22:35

逆行/書評・本/かさぶた書店逆行
(2011/01/28)
尾原史和

帯かなんかに「リアル青春記」とか書いてあってちょっと引いたが、呼んでる感じがしたので買って読んだら、なかなか良かった。

著者、尾原史和はデザイン界の「発明家」と評されているそうです。『R25』も『TRANSIT』もいいよね、確かに。しかもクリア。論理的というか。

で、中盤のデザイン話が一番面白かった。後半は理解しきれない面もあったが、それは恐らく読んでいる側が著者の域に達していないからだろう、と。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。