--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:フェイスブック

2011年02月28日 17:40

フェイスブック/書評・本/かさぶた書店フェイスブック 私たちの生き方とビジネスはこう変わる (現代プレミアブック)
(2011/02/11)
イケダ ハヤト

簡潔明瞭にして分かりやすい。
この類の本の中ではオススメです。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:サービスはホテルに学べ

2011年02月24日 21:40

サービスはホテルに学べ/書評・本/かさぶた書店サービスはホテルに学べ (光文社新書)
(2011/01/18)
富田昭次

非常に読みやすかったです。
前も書いたかもしれないけど、富田さんまた腕を上げられたのでは。

商品詳細を見る

書評:地下鉄は誰のものか

2011年02月22日 21:34

地下鉄は誰のものか/書評・本/かさぶた書店地下鉄は誰のものか (ちくま新書)
(2011/02/09)
猪瀬 直樹

一応、読んでおかないといけません、ということで読んだ。
地下鉄一元化を否定はしないが、副知事だけに、都びいきに見えてしまう。
それって、あんまりよろしいことではないよね。

新書なのに、途中、小説みたいになるのは悪くはないと思った。

商品詳細を見る

書評:キュレーションの時代

2011年02月22日 21:31

キュレーションの時代/書評・本/かさぶた書店キュレーションの時代 (ちくま新書)
(2011/02/09)
佐々木 俊尚

全体感としては分かるんだけど、個別に見ていくと「本当かよ?」な部分も多い。
キュレーションとか言っちゃうのって、どうなの? なかなか恥ずかしくて使えない言葉だと思うが。
それでもってチェックインがカギとかって話だけど、単にそれが主体的な行為であるだけじゃないか、という気がする。

では、どうだったら腑に落ちるのか考えてみるが、今のところ、これといった答えは見つからない。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。