--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:全ての装備を知恵に置き換えること

2009年11月24日 10:31

全ての装備を知恵に置き換えること/書評・本/かさぶた書店全ての装備を知恵に置き換えること (集英社文庫)
(2009/11/20)
石川 直樹

かなり前にインタビューしたことがあって、すごく自然体でフランクな人だった。
外見だけだと、とても七大陸最高峰登頂とかいう感じではない。
だが、空気というか、そういうものを持っている人だったような気がする。

この本は、“ここではないどこか”をめぐるエッセーと言いたい。
書くことによって、“ここではないどこか”との距離感、そして自分のスタンスを確認しているように見えた。
ポイントポイントの写真もなかなかよろしい。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:インパラの朝

2009年11月24日 10:29

インパラの朝/書評・本/かさぶた書店インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日
(2009/11/13)
中村 安希

第7回開高健ノンフィクション賞受賞作、だそうです。
基本的にこういう触れ込み自体好きじゃないんですが、店頭で本そのものが「買え、買え」と訴えておったので買いました。

帯の裏で、重松清だかが「女の啖呵がいい」みたいなこと書いてて、確かにええな、と。
場所的に言うと、中東~アフリカが特にいいです。

ゴールは『深夜特急』と同じポルトガル。
これはオマージュというか、まあそういうことなんでしょう。
それに、最後ポルトガルだと決まるわな。

商品詳細を見る

書評:Twitter革命

2009年11月24日 10:27

Twitter革命/書評・本/かさぶた書店Twitter革命 (ソフトバンク新書 118)
(2009/11/18)
神田 敏晶

すごいすごいって、話としては分かるんだけど、やってみて、実際に“すごいすごい”になってみないと分からんでしょ、やっぱ。

で、ついにというか取りあえずというか、始めてみました。
だが、“すごいすごい”までは遠いな、たぶん。

リアルタイムは夢のまた夢か…。

商品詳細を見る

書評:きのふの東京、けふの東京

2009年11月16日 17:23

きのふの東京、けふの東京/書評・本/かさぶた書店きのふの東京、けふの東京
(2009/11)
川本 三郎

またしても川本三郎の“東京近郊歩きモノ”である。
それにしてもコレ系、出るわ、出るわ、永遠に出続けるのではないかと思われる。
特に新しい展開があるわけでもなく、恐るべき発見があるわけでもない。
でもなんとなく読んでしまう。

きっと一緒に移動した気になるのが好きなのだろう。
きっと下町擁護に賛同したいからなのだろう。
などと理由を考えてみるが、どうもしっくりこない。

しっくりくる必要性もないんだろうけど、まあまた考えたい。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。