--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:TOKYO1969

2009年06月22日 22:27

TOKYO1969/書評・本/かさぶた書店TOKYO1969
(2009/06/16)
立川 直樹

キャンティとか、ムゲンとか、ビブロスとか、どこで覚えたんだろう?
まあ、いろんなとこでなんだろうけど。
そういうのがいっぱい出てきます。

岡田大弐さんの名前も、たぶん西麻布とかのレストラン取材のときに覚えた。
ムッシュは、CD持ってるし。

で、登場する音楽はなじみのものばかりだし、はて?
昔から、年上の人と趣味が合うというのは、確かにあったが...。

ところで、腰巻きの惹句って、当の本をきちんと読んでから書いているんだろうか?

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:ヨーロッパ食堂旅行

2009年06月22日 22:23

ヨーロッパ食堂旅行/書評・本/かさぶた書店ヨーロッパ食堂旅行
(2009/03/13)
野地 秩嘉

要するに、常に一番魅力的なのは“人”である、ということを、これ読んで思い出した。
そのことを、すーっかり忘れて書いていたということが重罪というか、駄目というか、だからへぼな文章しか書けなかったんだろうと思う。

旅を書く=人を書く。
●●を書く=人を書く。
●●には、恐らく何が入ってもいいのだろう。

商品詳細を見る

書評:世界は村上春樹をどう読むか

2009年06月16日 11:20

世界は村上春樹をどう読むか/書評・本/かさぶた書店世界は村上春樹をどう読むか (文春文庫)
(2009/06/10)
国際交流基金 企画

村上春樹はいまや世界的な作家なのだという。
そんでもって各国の村上春樹本の訳者が集まって、あれこれやった記録が本書なのだそうだ。

個人的には、冒頭のリチャード・パワーズの基調講演が一番興味深かった。
全般的には“目からうろこ”まではいかないが、国によっていろいろあるのね、という。
そんな感じ。

商品詳細を見る

書評:ベンヤミン

2009年06月16日 11:17

ベンヤミン/書評・本/かさぶた書店)ベンヤミン (ちくま学芸文庫)
(2009/06/10)
ハワード・ケイギル他著

ああ、ベンヤミン。
懐かしい。大学時代以来かも。
ビギナーに向けたベンヤミン入門書らしいが、それなりに難しい。
ただイラスト満載で、時系列に追っているので、なんとなく分かったような気になる。

いずれにしても、変な本である。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。