--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:脱DNA宣言

2007年09月28日 14:19

脱DNA宣言/書評・本/かさぶた書店脱DNA宣言―新しい生命観へ向けて (新潮新書 232)
(2007/09)
武村 政春

「DNAは遺伝子のバックアップコピーにすぎない」かも、とDNA至上主義に警鐘を鳴らす書。
確かに、近年のDNA至上主義はひでーな。
キリスト教的決定論というか、打ち出の小槌というか、バカの一つ覚えというか…。
ほんと止めてほしいわ。

そういう意味では、いいこと言ってくれてんだけど、最後の説教のしつこさはちょっとな。
しつこく書かないと分かってもらえないんだろうけど。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:動物と人間の世界認識

2007年09月25日 11:34

動物と人間の世界認識/書評・本/かさぶた書店動物と人間の世界認識―イリュージョンなしに世界は見えない (ちくま学芸文庫 ヒ 11-1)
(2007/09/10)
日高 敏隆

ズバリ、環境とは相対的なものである。
モンシロチョウが見る世界と、人間が見る世界は違う。
確かにそうだろう、そうですよ。

だが、その環境を「環世界」と呼び(これはまだいい)、ついには談志のごとく「イリュージョン」と名付け、連発されると、非常に困ったチャンな感じがしてくるから不思議だ。
でも面白いからいいか。

商品詳細を見る

書評:広告コピーってこう書くんだ!読本

2007年09月25日 11:26

広告コピーってこう書くんだ!読本/書評・本/かさぶた書店広告コピーってこう書くんだ!読本
(2007/09)
谷山 雅計

コピーの書き方的な本は初めて読んだわけだが、これまた日常から正さないと駄目なのね。あとは「社会人として常識的に考えろ」ってことでしょ、突き放した言い方すると。

ともあれ、この本も平易で分かりやすい。
でも「発想体質」って嫌な体質だな、言葉にすると。

商品詳細を見る

書評:佐藤可士和の超整理術

2007年09月25日 11:23

佐藤可士和の超整理術/書評・本/かさぶた書店佐藤可士和の超整理術
(2007/09/15)
佐藤 可士和

カバンの中身まで言われたくない、と思いつつも、日常から正さないと駄目なんだろうよ。あと、こういう指南本だからなおさら、安易に「超」を付けるのは止めてくれ。

などと文句を言いながらも、なるほど、真摯に分かりやすく書いてある本である。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。