--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤本大賞2008発表!

2008年12月31日 18:43

スティーブ・ジョブズ 神の交渉力/書評・本/かさぶた書店スティーブ・ジョブズ 神の交渉力
(2008/05)
竹内 一正

商品詳細を見る

恥ある2008年の誤本大賞はこれです。

2008年は、ひどい誤本はそうはありませんでした。

その中でこれを選んだのは、「いつくも」というミスがかわいかったから。
かわいくて不名誉、というのはどうなの? かもしれませんが、ミスはミスなんで反省してください。

では、また来年。
スポンサーサイト

誤本大賞2007発表!

2007年12月31日 12:47

ロックデイズ/書評・本/かさぶた書店ロックデイズ 1964-1974
(2007/07/04)
マイケル・ライドン

商品詳細を見る

お待たせしました。恥ある2007年の誤本大賞はこれです。

2006年に比べれば、2007年はそれほど誤本をつかまされずに済んだ気がするが、まぁ駄目な本はいつも駄目ですな。

頭にくるのは、ちゃんと校正すりゃ出るはずのない、あり得ないミスがほとんどだということ。
特に皆さんご存じの通り、コンピューター系とエンタメ系に多いですな、誤本は。
来年こそは、ちゃんと校正せえよ、さもなきゃカネ返せ!

では、また来年。

誤本大賞2006発表!

2006年12月31日 14:23

お待たせしました。予想ついていたかとは思いますが、恥ある2006年の誤本大賞はダントツでこれです。

テレビCM崩壊 /書評・本/かさぶた書店 テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0
Joseph Jaffe (2006/07/22)
翔泳社
この商品の詳細を見る


ちなみに、紹介時の書評を引用します。

この本は、誤字・脱字・校正ミスのオンパレードである。
2ページに1回、何らかのミスがある。
監修者、訳者、編集者、そして何よりも出版元の翔泳社! 恥を知れ。

しかし返す返すも、呆れるほど誤字・脱字・校正ミスが多い。
テーマがテーマだけに、『テレビCM崩壊』どころか、出版業界崩壊じゃ!

なお次点は、
鶴野充茂『Web2.0でビジネスが変わる』(ソフトバンククリエイティブ)でした。
これもひどかった。

では、また来年!

誤本大賞の予告

2006年09月29日 14:51

2006年2月に「駄本を除いた良書のみを紹介する」書店として開業した、わが「かさぶた書店」ですが、この間、内容的には読む価値があっても、誤字・脱字・校正ミスがオンパレードの“誤本”を何冊かつかまされてきました。

「かさぶた書店」はこれまで、そうした“誤本”を激しく糾弾してまいりましたが、それだけではまだまだ足りない、という店主個人の憤りを背景に、さらに激しく“誤本撲滅”を推進するため、このたび「誤本大賞」を設立することに決めました。

審査員は「かさぶた書店」店主のみ、2006年の誤本大賞は近日中に発表いたします。

といっても、一応は年間大賞なので年末までには・・・ということで、いつ発表するかは店主の気分次第。よって皆さま、ちょくちょくアクセスしてみてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。