--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:革命のつくり方

2014年10月24日 18:41

革命のつくり方/書評・本/かさぶた書店革命のつくり方
(2014/10/13)
港千尋

ゴーゴー「ひまわり運動」!ということで。
それにしてもこういうまとまった本を読んでおかないと、「ひまわり運動」さえ知らず、理解せず、になりそうな自分の生活とは?

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:美しい昔

2013年08月19日 13:01

美しい昔/書評・本/かさぶた書店美しい昔 近藤紘一が愛したサイゴン、バンコク、そしてパリ (小学館文庫)
(2013/08/02)
野地 秩嘉

伝説のジャーナリストと言うちょるのに、今まで全然出会わへんかった。なんでやろ。恐ろしいほどや。野地秩嘉やからうまいし、明快や。で読んでる途中で、早くも近藤紘一の代表作2作をアマゾン注文したったで。

商品詳細を見る

書評:クロニクルFUKUSHIMA

2013年01月07日 10:28

クロニクルFUKUSHIMA/書評・本/かさぶた書店クロニクルFUKUSHIMA
(2011/09/23)
大友良英

『シャッター商店街と線量計』に感動したので続けてこちらも。なので、新鮮さはないんでけど、いいと思う。

商品詳細を見る

書評:シャッター商店街と線量計

2013年01月07日 10:25

シャッター商店街と線量計/書評・本/かさぶた書店シャッター商店街と線量計 大友良英のノイズ原論
(2012/11/21)
大友良英

これは結構感動しました。聴いてきた音楽とかシンクロするからかもしれないけど、作者の心の動きがビビッドに迫ってきて、ちょっとうっと来るという。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。