--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:キュレーションの時代

2011年02月22日 21:31

キュレーションの時代/書評・本/かさぶた書店キュレーションの時代 (ちくま新書)
(2011/02/09)
佐々木 俊尚

全体感としては分かるんだけど、個別に見ていくと「本当かよ?」な部分も多い。
キュレーションとか言っちゃうのって、どうなの? なかなか恥ずかしくて使えない言葉だと思うが。
それでもってチェックインがカギとかって話だけど、単にそれが主体的な行為であるだけじゃないか、という気がする。

では、どうだったら腑に落ちるのか考えてみるが、今のところ、これといった答えは見つからない。

商品詳細を見る
スポンサーサイト

書評:新ソーシャルメディア完全読本

2011年02月10日 19:52

新ソーシャルメディア完全読本/書評・本/かさぶた書店新ソーシャルメディア完全読本 (アスキー新書)
(2011/01/08)
斉藤徹

まー出るわ出るわ、これ系。
でこの本は、この類の本の一つのパターンである「性善説に立った平易本」に属する。
「こてこてマーケティング狂の夢見本」よりは、はるかによろしい。

商品詳細を見る

書評:ソーシャルメディア維新

2010年11月04日 21:24

ソーシャルメディア維新/書評・本/かさぶた書店ソーシャルメディア維新 ~フェイスブックが塗り替えるインターネット勢力図~ (マイコミ新書)
(2010/10/23)
オガワカズヒロ

簡潔に述べると、「グーグルやばいよ、これからはフェイスブックっしょ」ということが書いてある本。

確かにSEOのことばかり考えているだけでは駄目だろう、これからは。

商品詳細を見る

書評:小さなお店のツイッター繁盛論

2010年07月05日 12:39

小さなお店のツイッター繁盛論/書評・本/かさぶた書店小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力
(2010/06/24)
中村 仁

大筋賛同しているのである。
ツイッターは店の販促に使えると思うし、ツイッター会議も恐らくは機能すると思うし。

しかし、@hitoshiさんをフォローしたとき、あまりのツイートの多さに辟易し、とても入っていける感じがしなかった。それは店主がまだ素人だからなのだろうか?

いずれにしても、そう簡単ではない。

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。